翻訳者ママおすすめ You Tubeで楽しい♡子供の英語ソング

こんにちは。まもなく2歳になる息子をもつワーママamelieです。

 

最近、息子が英語の歌を歌うようになりました。

ふだん、特に英語を教えているわけではありません。
私が家事の合間につけているYouTubeの英語の歌を、いつのまにか覚えたようです。

私は翻訳者をしているので、息子も英語ペラペラにならないまでも、多少は英語に抵抗のない子になってくれたら嬉しいなと思っています!

 

個人的には経験上、幼い子供の英語教育にお金をかける必要はあまりないと考えているので、英語教材は買ったことがありません。(趣味の一環として、英語の絵本は何冊か持っていますが…)

そこでお世話になっているのがYouTube先生!

赤ちゃん時代の息子はあまりピンと来ていないようでしたが、最近では歌やダンスが好きなのでとても楽しんで見ています。

我が家の定番、子供向けの英語の歌を楽しめるYouTubeを紹介しますね。

 

私自身と英語のこと

私は英語を扱う仕事をしていますが、帰国子女ではありませんし大学も理系出身です。

 

では、なぜ翻訳者になったのか。

それは、母の影響で小さな頃から英語のラジオやテレビが流れっぱなしの環境にいたお陰で耳が鍛えられ、発音がネイティブに近くなったことで、英語に対する抵抗がなくなったからだと思います。

 

ちなみに、私がまともに英語の勉強を始めたのは、みんなと同じ中学生から。

それまでは、お恥ずかしながら、「apple」の綴りさえ知りませんでした。笑

でも、たぶん、耳からインプットして発音できる単語や会話の量は、純日本人の家庭で育った同級生の中では、かなり多い方だったと思います。

当時はすでに、外国人の先生とある程度の日常会話はできるようになっていました。

 

それからというもの、だんだんと色々な国の人とコミュニケーションが取れるのが楽しくなり、少しずつ英語の勉強をするようになったのです。

そして大人になり、字幕や吹替の翻訳者として仕事をいただくようになりました。

 

子供の英語教育に思うこと

自らの経験から、私の個人的な意見としては、子供に無理やり英語を教える必要はないと考えています。

なぜなら、私のように英語に親しみを持つようになる子もいれば、そうでない子もいるからです。

 

その最も良い例が、私の妹です。

彼女は私と同じ家庭環境で育っていながら、英語が大の苦手。

妹は英語塾にも通っていましたが、ついぞ苦手を克服しないまま大人になりました。

 

要は、子供自身が自発的に「英語を勉強したい」と思うか、または英語を使わざるを得ない環境(たとえば、親の海外赴任などで英語圏に住むことになるとか)に置かれない限り、いかに親が頑張っても子供の頭に英語は定着しないということなんだと思います。

その一方で、定着するかしないかは別として、小さな頃から英語の存在を知る少しだけ耳を慣らしておくというのは無駄ではないと私は思います。

私のように英語に興味を持ち、巡り巡って将来英語が役に立つこともあるかもしれないですしね!

 

YouTubeで子供と英語の歌を楽しもう♪

さて、前置きが長くなりましたが、我が家でよく流している子供向けのYouTubeのチャンネルをご紹介しますね!

Pancake Manor(パンケーキ・マナー)

カナダ発の子供向け動画チャンネル。

このチャンネルの一番の魅力は、どの曲もすごくポップで大人が聞いていても飽きないようなアレンジがされていること!

初めて見たときは、メインキャラクターのザックとレジーがセサミストリートのキャラクターのパクリ?と思ったのですが、まぁとにかく曲のノリと雰囲気がいいです!

日本人にも馴染みのあるOld MacDonald Had a Farm (日本語だと♪一郎さんの牧場でー イーヤイヤオー!ってやつです) とか、Happy and You Know It (幸せなら手を叩こう)なんかもありますし、オリジナルソングも結構良くて私はハマりました。

息子は1歳前後で空前のパンケーキ・マナーブームが到来し、親の私たちも思わず仕事中に口ずさんでしまうくらい何度もリピート再生させられました。

ちなみに息子の口癖は「イーアイ イーアイ オー!」で、明らかにパンケーキ・マナーの影響。笑 ちゃんと英語寄りの発音をしているのがまた面白いところです。

 

Little Baby Bum(リトル・ベイビー・バム)

現在息子が最も気に入っている動画が、リトル・ベイビー・バム。

主に英語圏で有名な童謡に合わせて、動物を中心とした様々なキャラクターが登場します。

DVDも出ているくらいなので、映像面でもかなりクオリティは高いです。

YouTubeで日本語版の動画も視聴できるので、英語があまり得意でないママでも歌の概要を理解することができますし、日本語の歌としても十分に楽しめます。

実際、息子は英語版と日本語版の両方を気に入っており、最近では大きな声で歌詞をそれっぽくリピートするようになりました!

現在息子が話せる日本語と英語の語彙は、ほとんどがこのリトル・ベイビー・バムから吸収したものだと思われます。1
やや正式な歌詞とは異なる曲も多々ありますが、それぞれの曲に簡単なストーリーがあり、割と分かりやすい歌詞になっているので子供が楽しむにはかなりオススメです^ ^

 

Sesame Street(セサミストリート)

言わずと知れた、アメリカの子供向けテレビ番組。私も子供の頃よく見ていました!

YouTubeには公式チャンネルがあり、無料で動画が見れます。

私が特に好きなのが、有名なアーティストがセサミのキャラクターとコラボして歌う動画!

レディ・ガガ、ワンダイレクションやブルーノ・マーズ、エド・シーラン、ファレル・ウィリアムズ、ノラ・ジョーンズ、グウェン・ステファニーetc…

そうそうたるアーティストが出演しているんです。

洋楽好きなパパママにはかなりツボですよね!

セサミのオリジナルソングを歌う場合もありますし、そのアーティストのヒット曲を子供向けに替え歌して歌うパターンもあります。

元々歌詞を知ってる曲だと、替え歌の歌詞が面白くて笑っちゃうようなものも!

ちなみに日本版だと、ピコ太郎さんとのコラボもあったりします。笑

 

親子で楽しめるのが一番!

例えば、先ほど紹介したセサミストリートなどは、1歳代にはやや難易度が高い内容の曲が多いです。

けれど、むしろ子供自身が歌をあまりよく分からない低月齢の時期ならば、親が心から楽しめる曲を流せばいいと私は思います。

というのも、息子を見ていると母親の私が楽しく歌っている姿を見て「ボクも一緒に歌いたい!」とテンションが上がるようなのです。

たぶん、英語だろうと日本語だろうと、まずは親子で一緒に楽しめる曲を聞いたり歌ったりするのが一番なんでしょうね^^

こんな感じで我が家はお金をかけず、かなりゆるーっとした英語環境ではありますが、今後、息子がどの程度英語耳になるのか、観察を続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です