妊婦や授乳中だって、コーヒーを我慢しない!デカフェと自分にご褒美の話。

こんにちは。コーヒー大好きママ、amelieです。

妊娠中や授乳中だけどコーヒーが飲みたいというママも、我慢することなくコーヒータイムを楽しみたいですよね。

デカフェ=美味しくない?

ちょっと前までは、妊婦さんにおすすめされるデカフェというと、たんぽぽコーヒーが多かったように思います。

も一人目妊娠中はたんぽぽコーヒーを試しました。でも、どうしてもあの味が苦手でした。作っている方には大変申し訳ないけれど、普段からコーヒー好きの人にとって、あれはとてもコーヒーとは言えません…。むしろ違う飲み物だと思って飲んだ方が美味しく飲めるかも、というくらい。(お好きな方がいらっしゃったら本当にごめんなさい!)

その他にも、麦コーヒーとか、〇〇コーヒーとつくカフェインレスの飲み物は色々試しましたが、「コレだ!」というものにはなかなか巡り会えず。

でも、カフェインが赤ちゃんに及ぼす影響はまだよく分かっていないと言うし、実際に私のワガママで赤ちゃんに何かあったら…と思うと、やっぱりコーヒーは我慢しなくちゃいけないのかな?と思い悩みました。

ほんの短期間コーヒーを我慢できないなんて、自分はなんて悪いママなんだろう、なんて思ってしまうことも。

ちょっとamelieさんってば極端じゃない?と思われるかもしれません。笑

でも、毎日のコーヒーが命!コーヒーがあるから毎日頑張れる!で生きてきた私にとっては結構死活問題だったのです。

ついに来た!デカフェブーム

そこから私のデカフェ探しの旅(?)は始まりました。

幸いなことに、一人目妊娠中からジワジワとデカフェ流行の波がやってきました。

スタバに始まり、タリーズやドトールでも、段々と「デカフェ」「カフェインレス」のメニューが見られるようになってきて、なんて妊婦に優しいんだろう!と心から嬉しく思ったことを覚えています。

最近ではミスドにも、ホット・アイス両方のデカフェコーヒーが登場したし、スタバは追加料金を払えばほとんどのビバレッジがデカフェに変更できるようになりました。

そして、ついにはスーパーやコンビニでも、カフェインレスの商品がお手頃な価格で手に入るように。

デカフェが美味しくなった!

驚いたのは、この2年間ほどの間にそういったカフェインレスの商品の味が飛躍的に向上したこと!(第1子の卒乳から3カ月ほどしかインターバルがなく第2子を妊娠し、デカフェにはお世話になりっぱなしなので、ずーっと味のモニタリングをしている状況。笑)

もともとコーヒー好きでも結構満足できる味のデカフェが楽しめるようになって、カフェイン除去技術の進歩にはただただ舌を巻くばかりです。

いずれこのブログでも飲み比べレポートが書けたらいいなーなんて思っています^ ^

好きなものは、我慢しない!

よくよく考えてみたら、妊婦さんや授乳中ママだけじゃなく、カフェインレスの飲み物を必要とする方もいらっしゃるんですよね。

そういうみんなが、我慢せずに大好きなコーヒーをカフェインレスで味わえるなら、本当にそれに越したことはありません。

毎日のコーヒータイムがストレス発散になって、その分、我が子や夫の前で笑顔で過ごす時間が増えるなら、何もかも我慢してイライラしてしまうよりも、コーヒー1杯を自分に許した方が100倍良いと私は思います。

すごく大げさに聞こえるかもしれませんが、私にとってデカフェは赤ちゃんの負担にならずにストレス発散できる救世主みたいなもの。

家事に、育児に、毎日たくさん頑張っているママが、ほんの少しでも何か自分にご褒美をあげることは、全然悪いことじゃないと思います*

 

>>妊娠中のカフェイン摂取が気になる方はぜひ読んでみてください↓

妊婦さんのカフェイン摂取について調べてみました

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です