妊婦さんのカフェイン摂取について調べてみました

コーヒー好きとしては、妊娠中のカフェイン摂取量が赤ちゃんにどれだけの影響を及ぼすのかとても気になるところ。

このトピックについて、現在インターネット上でもたくさんの情報が得られます。しかし、その情報にどの程度信憑性があるのかはわかりません。

そこで、研究機関等でどんな提言がなされているのかを自分で調べてみることにしました。

なお、レビューは個人的に翻訳してまとめたものであり、公式訳ではありません。参考程度に留めていただけると幸いです。

 

ママが飲んだカフェインが、赤ちゃんに届く?

少し古い時代の論文になりますが、カフェインは、お母さんの胎盤を通して赤ちゃんへと運ばれるのだそうです。(Goldstein Aら、1962)

お腹の中にいる赤ちゃんには、大人と違ってカフェインを代謝する(害のない形に分解し、体外へ排出させる)ことのできる酵素がほとんどありません。

そのため、カフェインはそのまま赤ちゃんの体内に蓄積されてしまうのです。

上記の研究結果から考えると、やはり妊娠したらカフェインの摂取にはかなり慎重になる必要がありそうです。

次の項目では、お母さんのカフェイン摂取が赤ちゃんにどんな影響を及ぼす可能性があるのか、いくつかの論文を調べてみました。

 

カフェイン摂取が赤ちゃんに及ぼす影響は?

大量のカフェイン摂取が赤ちゃんに及ぼす影響として、赤ちゃんの出生体重が低下するリスク(Vik(2003)Eskenazi Bら(1999ほか)が報告されています。

また、2018年4月に発表された研究では、妊娠中に1日300mg以上のカフェインを摂取した母親から生まれた子供は、1日50mg未満に摂取量を抑えた母親から生まれた子供に比べ、成長過剰になるリスクが高まり、また3歳から8歳にかけて肥満になるリスクも高まるという報告もなされています。(Norwegian Institute of Public Health,2018)

 

カフェイン摂取量と出生体重の低下リスクの関係

気になるのは、実際にどのくらいの摂取量だと出生体重低下のリスクが高まるのか?ということ。

Fenster (1991)の研究によれば、妊娠初期にカフェイン摂取量を1日300mg未満に抑えると、300mg以上を摂取しつづけた場合と比較して、胎児の発育の遅れや出生体重の低下のリスクが低くなるそうです。

また、イギリスのCARE Study Group(2008)は、妊娠中にカフェインを1日200mgより多く摂取量した場合、出生体重が約60〜70g減少することを報告しています。

また、同研究では、妊婦さんのカフェイン摂取量を1日100〜199mg、200〜299mg、300mg以上の3段階に分けて、100mg未満しか摂取しなかった場合とのリスクの比較も行なっています。どのくらいの摂取量でリスクが高まるのかは明確には分からないようですが、摂取量100mg未満の場合と比べると、カフェインを多く摂取した場合の方がリスクは高まるという結果が得られたそうです。

上記に挙げた研究はほんの一握りであり、カフェイン摂取量と出生体重の低下や流産・早産には明確な因果関係は認められないと結論づけている論文もあります

とはいえ、妊婦さんの体質や日々の食生活などの差異を考慮しても、妊娠中のカフェイン摂取は極力控えるべきだということなのでしょう。

また新しい論文を見つけたらこのブログでレビューしたいと思います。

 

世界の妊婦のカフェイン摂取に関する規定

カフェインが赤ちゃんに及ぼす影響はまだまだ明らかになっていないことが多いようですが、現段階での各国・各組織でのカフェイン摂取に関する規定はどうなっているのかも調べてみました。

各国のカフェイン摂取量の規定

    • 日本(食品安全委員会(FSC))リスク評価を行っていない
    • 日本(日本助産師学会)1日300mg未満を推奨
    • アメリカ(米国産婦人科学会(ACOG))…「1日200mg以下は流産の主因にはならない」としつつも、明確な基準値に関する提言はしていない
    • アメリカ(米国食品基準機関(FSA))…1日200mgまで
    • 世界保健機関(WHO)…コーヒーは13~4杯まで
    • イギリス(食品基準庁(FSA))…1200mgまで
    • カナダ保健省…1日300mgまで
    • オーストリア(保健・食品安全局(AGES))1300mgまで

 

ちなみに、どんな飲み物にどれだけカフェインが含まれているのかは、全日本コーヒー協会さんのページ にとても分かりやすくまとめられています。

以上から、やはりカフェイン摂取は1日200mg〜300mg未満、レギュラーコーヒーをカップにして約2杯程度にとどめておくのが無難と言えます。

幸い、今は美味しいデカフェの紅茶やコーヒーが手頃に入手できたり、お店で楽しめたりする時代。

なるべくデカフェを活用しながら、赤ちゃんにストレスのないカフェタイムを心がけたいものです。

 

>>美味しいデカフェが飲めるお店をリサーチ中です。

 

>>産後しばらく、おうちカフェを楽しむために…楽天で買える色々なデカフェを飲み比べしています。

ドトールのカフェインレス 1杯60円くらい。

ドトール やさしい香りのカフェインレス 7g×20袋
by カエレバ

 

楽天で評価の高い澤井珈琲のアイスコーヒーも気になる!

送料無料 アイスコーヒーカフェインレス100杯分
by カエレバ

 

暑い日はアイスのリキッドも便利かな。

カフェインレス アイスコーヒー1,000ml [無糖]×6本 【送料無料】
by カエレバ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です