妊娠中・育児中のママが思わず共感しちゃう面白エッセイ「きみは赤ちゃん」

妊娠・出産

今回ご紹介するのは、川上未映子さん著「きみは赤ちゃん (文春文庫)」。

長男出産前に友人にオススメされ、面白くて一気読み!以来、著者の川上さんの大ファンになってしまったわたしです。

今回の次男出産前後に無性に読み返したくなって改めて読み返してみたのだけど、とにかく共感できるし、何といっても面白い!!

まだ読んだことのない方には、出産前や産後の授乳の合間などにぜひぜひ読んでみてほしい1冊です。

 

ママ友と話してるみたい!気楽に読めてすごく共感

この本は芥川賞作家である川上未映子さんが、妊活から35歳での初出産、そして産後の子育てに至るまでの自身の体験を赤裸々に綴ったものです。

検査薬で待ちに待った陽性反応が出た時の喜び。

初めて胎嚢が写ったエコー写真を手にした時の不思議な気持ち。

悪阻からスタートする、体調の大きな変化。

自分では制御しきれない、気持ちのアップダウン。

体重管理と食欲のアレコレ。

そして、ダンナさんに対してつい向けてしまう怒りの数々…(笑)

どれもこれも共感してしまう話ばかり!

まるでママ友と気楽に喋っているかのようなライトな文体で、共感しきりな内容満載なので、ともすると独りぼっち感を味わいがちな出産前後に読むにはもってこい。

肩の力を抜いて、気楽に笑いながら読めちゃうエッセイだと思います。

 

出産前後の女性の心の変化を細やかに代弁

妊娠・つわり・出産・はじめての子育て…

それら未知の世界に足を踏み入れて、悩みとか不安が全くない人っていないと思うんです。

川上さんも例外ではなく、妊娠が判明して、その未知の世界に飛び込んでいきます。


(以下、抜粋)

黒いごまのような、影しかうつってないようなエコー写真のはしっこを指でつまんで何度もみつめ、はじまったなーというような気持ちだった。

(中略)

じっさいの妊娠生活は、わたしの想像をはるかに超えた、過酷かつ未知すぎるものだった。わたしの想像力なんか三段跳びでスキップしてみえんくなったなーと思ったら脳髄に突き刺さってたわ、みたいな、そんな現実のてんどんの日々が待ち受けているなんてそんなこと、黒いごまのような影をほくほくみつめるわたしには(あべちゃんも)、知るよしもなかったんである。

(抜粋おわり)

*あべちゃん…川上さんのダンナさん


産前・産後の女性の中にグルグルうごめく感情を言語化するのって、実はとっても難しい。

たとえば、お腹に赤ちゃんが来てくれて最高に幸せなはずなのに、なぜかブルーになってしまう。気持ちを旦那さんに伝えたくても、うまく伝えられない。そういう経験、わたしにもあります。

でも、川上さんは小説家さんなだけあって、そんな私たちママの心の中を的確かつユーモアたっぷりに表現されています。

ページをめくるたび、「そう!わたし今、まさにそういう気持ちなの!」って叫びたくなること請け合い。

自分のモヤッとした気持ちを他の人に理解してもらえたような気がして、読んでいて気持ちがいいことこの上ないです。笑

 

「夫に感じること」あるある!

この本を読んでいて、つい「めちゃくちゃ共感する!」と叫んでしまいそうになったのが、「父とはなにか、男とはなにか」という章。


(以下、抜粋)

…ふたりの赤ちゃんのはずなのに、気がつけば、「おむつを替えてもらってる」っていう意識がふつうにあるのだよね。だからあべちゃんがオニ**のうんちとかを処理してるのが目に入ると、自然に「あ、ごめん」とか「ありがとう」みたいな言葉が出ちゃう…

(中略)

…母親が感じるこの手の「申し訳ない感」を、おそらく父親のほとんどがまたないのではなかろうか。

(抜粋終わり)

**オニ…川上さんの息子くんのニックネーム

 


 

ね、ここだけでも、「わかる!」って共感してしまった方、いるんじゃないでしょうか?

この件について、川上さんなりの見解も示されていて、ナルホドなぁと感心してしまいました。

この章、機会があったら夫にも読ませたいなぁ、なんて。笑

 

仕事と育児の両立についても、また共感の嵐

ブログの過去記事を読んでくださった方はご存知だと思うのですが、仕事と育児の両立に悩みに悩んだママの1人。

(ご興味があればこちらをどうぞ→仕事と育児の両立を選んだ私の話①)

川上さんは小説家という職業で、いわばフリーランス。

フリーランスは会社員とは違って、明確な産休や育休というものはないので、ある意味本人次第なところがあります。

川上さんは産後すぐに復帰したものの、本当にそれが正しいことなのか、繰り返し繰り返し悩んだそうです。

生後数カ月は毎月高額を支払ってベテランのベビーシッターさんに来てもらったり、1歳目前で保育園で入れることにしたりと、試行錯誤しながら仕事との両立を図っていたようです。

稼いだお金をつぎ込んで赤ちゃんを他の人にみてもらい、また来月の支払いのために働く…貴重な赤ちゃん時代を、そんな風に過ごしていいものか。

実際問題、フリーランスに限らず、このような悩みを抱えるママって多いんじゃないかと思います。

だから、みんなどうしているのか、どんな風に自分の気持ちに折り合いを付けているのか、そして保育園に預けた結果どうなるのかが気になる方もたくさんいるはず。

そういうママは、同書で川上さんのケースを読んでみるのもひとつ、勉強になると思います。

わたしは特に、この件に関しての川上さんなりの見解を読んですごく励まされたし、結果、背中を押してもらえたような気がしています。

 

タメになるのはハウツーを指南する子育て本より「体験談」

ここまで本の紹介を書いてきて思ったことがあります。

それは、わたしたちプレママやママたちが本当に求めているのって、理路整然とハウツーをまとめた子育て本よりも、実際に苦労したり悩んだりしながら前に進んできた人の体験談なのかもしれない、ということ。

体験談を聞くことによって、悩みの渦中にいる人は「みんな同じことで悩むのね」とある種の疎外感から解放されるし、まだその体験をしていない人は「そういうことも起こりうるのか!」と心の準備ができる。

だからこそ、SNSやネット掲示板など、プレママやママたちの交流が盛んに行われて、お互いを励まし合ったりアドバイスし合ったりするようなコミュニティが出来上がっているのかもしれません。

現にわたしも、リアルな友達以外に、SNS上でたくさんのママたちと繋がって、たくさん助けてもらってますしね!

この「きみは赤ちゃん」はまさに、体験談を聞くような感じで読める本。

1問1答で悩みに答えてくれるわけではないけれど、赤ちゃんのことで悩んだり、焦ったり、苦労しているのは自分だけじゃないんだな、っていうことを感じられるのが最大の魅力です。

機会があったら、みんなに読んでもらいたいなぁって心から思います。

 

コメント